top of page
  • 執筆者の写真晃之 大矢

社内表彰の景品として今注目のWEBカタログギフトは何が良いのか?

更新日:2022年10月18日

社内表彰は多くの場合、企業で行われる一大イベントの一つだと思います。社員のモチベーションを高め、パフォーマンスにも直接影響する重要なものです。


一方で、表彰式を開く場合などもあり、会場の準備、進行、関係者への案内など、非常に手間のかかるイベントでもあります。


さらに、表彰の受賞者に対しては旅行や景品などをプレゼントする場合も多いと思いますが、どういったものを用意すればいいのかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


前述の通り景品以外の準備でもただでさえ手間のかかるイベントを、通常業務をこなしながら準備しなければいけない中で、景品の内容まで頭が回らないという方からのお問い合わせをいただくケースは多いです。しかも、景品の内容は予算や内容が会社の方針とずれていないこと、社員が喜ぶようなものであること、など要件が意外と多いものです。


今回は、こういった景品に関するお悩みに対してWEBカタログギフトをご提案し解決してきた実績から、WEBカタログギフトの良い点と気を付けるべき点をご紹介したいと思います。


そもそもWEBカタログギフトとは?


イメージとしては、結婚式の引き出物でいただくカタログギフトのWEB版と考えていただければわかりやすいかと思います。


専用のWEBサイトを用意し、景品を受け取る方に対してはアクセスのためのURLやQRコードを記載したポイントカードをお渡しします。アクセス後は、サイトに載っている商品からポイントの範囲内で商品をセレクトすることが出来ます。


通常のカタログギフトが1冊数百ページあるような冊子であるのに対して、WEB上で完結するため、ペーパーレスで環境にも優しいサービスになっています(カタログギフトを捨てる手間はきっと読んでいるあなたも経験したことあるのではと思います)。







WEBカタログギフトの魅力


①社員が喜ぶ!好きな商品を選べるので失敗しない


最も良い点はこれです。


今は価値観が多様化している時代なので、この景品を渡しておけばみんな喜ぶということはまずありません。個々人の好みに合わした景品を用意することが重要になります。


WEBカタログギフトであれば、10,000点以上の商品から選ぶことが出来るため、満足度を高めることが可能になります。ラインナップも旅行商品からグルメ・雑貨など多岐にわたって用意が可能で、低額の商品から数十万円の高額商品まで対応することが出来ます。


また、従来の冊子のカタログギフトが通常1つの商品を選ぶ形式なのに対し、WEBカタログギフトではポイント内であれば複数の商品を選ぶことが出来るなど、社員が本当に欲しいと思う商品を選んでもらうことが可能になります。


何のための景品なのか?を考えたときに、頑張った社員を労い、喜んでもらい、また貢献してもらうという良いサイクルを生み出すためのものなので、こういった社員目線で良いものを用意することは非常に重要です。






②計画しやすい!予算に合わせて柔軟にポイント設定が可能


また、WEBカタログギフトはご予算に合わせて柔軟にポイント設定が可能な点も、企画・準備を行う担当者様には嬉しいところです。


例えば、表彰を受ける社員の中でも、ポイントに傾斜をつけたい場合など、上位者には5万ポイント、中位者には3万ポイントなど設定することが出来ます。


全体の予算についても、ポイント数がイコール必要な費用となるので非常にわかりやすいです。全体の予算を踏まえて、商品をチョイスし、各社員にどの程度のポイントをプレゼントするか決めれば良いだけ、となります。


予算に応じた商品のチョイスについては、他社での事例や専門知識を踏まえて提供会社に相談するのが良いでしょう。手配発送などは全て提供会社にお任せできるので、担当者としては手間いらずです。


③経営層も満足!オリジナルサイトで特別感の演出


WEBカタログギフトはWEB上にサイトを開く形式になるので、カスタイマイズが容易な点も魅力の一つです。


表彰などの場合はただ景品をあげるというだけではなく、社員に感謝を伝えたい、改めて会社から社員へのメッセージを伝えたい、などその会社ならではの表現をしたいものです。


そこで、WEBカタログ用のサイトをその会社オリジナルにカスタマイズすることで、特別感を演出することが可能になります。


実際の事例として、感謝のメッセージ動画を載せる、代表からのメッセージを載せる、など行っている会社もあります。社員も気持ちが前向きになる一番良いタイミングで、伝えたい内容を組み込むことで受け入れやすくなり、反応がとても良くなるといった効果が期待できます。


WEBカタログギフトで気を付けるべき点


ここまで説明してきたように、良い点が非常に多いWEBカタログギフトですが、気を付けるべき点もあります。


まず、商品が多く社員の好みに合わせて選ぶことが出来るというメリットの裏返しで、『何を載せるか』に失敗すると社員の満足度が下がる可能性があるという点です。


特定の分野に偏りすぎた商品チョイスをしたり、そもそもの金額設定が期待値に対して低すぎるなどあると、適当にカタログギフト選ばせておけば良いと思ってるのではないか?と不満につながるケースがあります。


予算や対象者の属性を踏まえたうえで検討することが重要です。実際にWEBカタログギフトを活用する場合は、提供会社と状況を共有したうえで提案を受けて決めていくことをお勧めします。


また、なぜWEBカタログギフトなのかという意図の説明もしっかりとすることが必要です。ただ専用サイトへのアクセスとポイントカードを渡すだけ、ではやはり味気ないものになり、社員の不満足につながるかねません。


社員にとって一番良い形を考えた結果として、WEBカタログギフトを選んだということはしっかりと周知しましょう。オリジナルサイトなどでのメッセージの発信なども検討すると良いでしょう。


気になる方はお問い合わせを!


ここまでWEBカタログギフトの良い点と気を付けるべき点について説明してきました。現在、社内表彰などの企画や準備をしている方のお役に立てば幸いです。


もし具体的に検討してみたいという方は、ぜひお問い合わせください。検討段階から情報のご提供とご相談に乗らせていただきます。




閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page